出張シェフ=マイシェフ=プライベートシェフ=レンタルシェフ=お料理代行≒ケータリングと思われます。

出張シェフに明確な定義はありません。

結論から申し上げると出張シェフに明確な定義はありません。

マイシェフ、プライベートシェフ、レンタルシェフは出張シェフと同義であると思われます。内容は、シェフ、料理長が飲食店の店舗を構えてお客様が来るのを待つのではなく、お客様の家に訪問出張してその家のキッチンで料理をして提供するサービスのことを指します。重要な点は、素材を加工せずにそのまま一般家庭のキッチンに持ち込んであくまでその場で調理をする点です。

お料理代行とはコンセプトが違うだけで同じものかもしれません。

世の中には家事代行というサービスがあります。その家事代行のサービスの中で「お料理の作り置き」に特化したサービスは「お料理代行」と呼ばれていることがあります。

ケータリングは保健所の許可を得ている製造場所が必要ですので注意です。

一般のご家庭にシェフが来てくれて料理を振舞ってくれるサービスと言えば「ケータリング」が有名です。しかしケータリングには重大な注意点があります。ケータリングは「事前の仕込み」をしていくことが多いと思います。その事前の仕込みをする場所は保健所の衛生面の許可が必要です。出張シェフなどと内容はほぼ同じであるにもかかわらず、ケータリングの事前の仕込み作業の場所のみ許可が必要であるというのは少し違和感を感じるかもしれませんが、現在の法律上はそのようになっています。

インターネットの発達が無ければ出張シェフは生まれなかったでしょう。

出張シェフという形態の経営上の強み

出張シェフという形態の経営上の弱み

出張シェフ自分で集客VS出張シェフマッチングサービス登録

前提条件

集客数及び売上予測シュミレーション(出張シェフ)

収支予測損益計算書(出張シェフ)

夫(40歳)出張シェフ妻(40歳)専業主婦子(10歳)  
1年目2年目3年目4年目
売上4706400507672065702168112665
仕入(売上×30%)-1411920-1523016-1971064-2433799
初期費用0
社保扶養判定130万円以下3294480355370445991515678865
スマホ携帯
8,000円×12ヶ月
-96000-96000-96000-96000
HPサーバー代-7200-7200-7200-7200
HPドメイン代-2400-2400-2400-2400
タウンプラス広告
2,000枚×12ヶ月
70,000円×12ヶ月
-840000000
個人賠償損害保険140円×12ヶ月-1680-1680-1680-1680
税理士報酬
・5,500×12ヶ月
・11,000×12ヶ月
-66000-66000-66000-132000
利益2281200338042444258715439585
1年目2年目3年目4年目
利益2281200338042444258715439585
青色申告55万控除-550000-550000-550000-550000
電子申告10万控除-100000-100000-100000-100000
事業所得1631200273042437758714789585
京都市国民健康保険-313540-474906-628378-736184
国民年金/社保控除(2名)-400000-400000-400000-400000
配偶者控除-380000-380000-380000-380000
基礎控除-480000-480000-480000-480000
課税所得5766099551818874932793401
所得税-2900-50700-96300-185600
住民税-13100-107000-196100-286700
利益2281200338042444258715439585
京都市国民健康保険-313540-474906-628378-736184
国民年金/社保控除-400000-400000-400000-400000
所得税-2900-50700-96300-185600
住民税-13100-107000-196100-286700
手元に残るお金1551660234781831050933831101